まごころ介護のお役立ち動画コラム

MAGOCORO MOVIE COLUMN

【閲覧注意!】ケアマネへ余命宣告~残された人への想い

 

【閲覧注意!】ケアマネへ余命宣告~残された人への想い

今回から何回かに分けて余命宣告を受けた46歳の私が尊敬する福祉マンとの対談をお届けします。

これからの介護職やケアマネージャーのお仲間の皆様に向けた愛に溢れたメッセージが詰まっているそんな内容になっていますのでぜひ最後までご覧ください!

本日の対談相手

その方はケアマネージャーを紡ぐという4,000人以上が全国から集まる団体を作った創設者であり、ケアマネージャーの処遇改善を現実のものとするべく居宅介護支援事業所を運営しながら自ら市議会議員となって政治の世界に飛び込まれ、また介護業界から多くの政治家さんを輩出するためにご尽力された方です。

宮﨑 直樹さん
・ケアマネージャーを紡ぐ会創設者・名誉会長
・居宅介護支援事業所経営
・市議会議員

はじめに

まず、初めに福ちゃん今日は遠いところわざわざこの千葉県船橋市の田舎まで来ていただきましてありがとうございます。

お招きありがとうございます。

福ちゃん

本当にありがとうございます。
まず、私の紹介になるのですが、「ケアマネージャーを紡ぐ会」を創らせていただきました。
きっかけは、ケアマネージャーをやっていてどうしても書類に追われる日々。
でもケアマネージャーの職務の中で大切なものがあって、その大切なものが実際に、具体化できているケアマネさんがいない。
何が大切かって言ったら、私たちは地域資源も作っていかなきゃいけない。
地域に足りないものを作っていかなきゃいけないという事に関して何もアプローチができていない。

では、なぜそれができていないのかというと、日々の業務に追われて目の前の利用者さんの支援をすることのみに注力しちゃって、もっともっと心と体があけば、もっと地域に出ていくことができて、地域に出ていくことによって地域の皆さんでこれからの超高齢化社会を守っていける、そういう風にならなきゃなんないと、
そもそも介護職だけでこの日本の福祉を守るという事は出来ないっていう風に思って、まずケアマネさんの呪縛を解きたいっていうところから始まりました。

なので、私たちが行う研修というのは、苦しい研修ではなく、なるべくケアマネが心と体があくような、ゆとりができるよう心がけてやっています。
それを、コツコツやってきまして、福ちゃんさんに私は、あのアプローチを・・・
あっごめんなさい。普段、福ちゃんさんって呼んでいるので、なぜかというと私年齢主義なんですよ!!

そうですよね

福ちゃん

私46歳で、福ちゃんさんが47歳と一個上なのでこれだって中学生の頃にやっていたら、中2,3だったら最上級の敬語ですよね。その時に出会っていたら…
だからどうしても今回は、省いても大丈夫でしょうか?

大丈夫です!

福ちゃん

宮﨑さんと福ちゃんの出会い

福ちゃんのYouTubeを見ていて、この人すごいな!っと思って、化け物だなって。
この人とどうしても連絡とりたい。ただ、連絡の取り方が私にはわからない、私アナログなので、DMを送るなどそういう事が出来なくて、ススム会長に指令を出しました。

指令を出した笑

福ちゃん

福ちゃんと飲みたい!YouTubeでもあの福ちゃんご自身がどこで働いているとかって明かしていないじゃないですか?

そうですね。

福ちゃん

居場所、居所。ススムさんに言ったのは、日本全国でどこでもいいから連絡とってくれれば、行くから会わせてほしいってお願いをした。
そしたらまぁまぁ遠いは遠いですけど・・・

まぁまぁ近くにいましたね!

福ちゃん

そして、想像していたんですよ!北海道か関東だろうなって!
それは、なんでかというと標準語がきれいだったので、関東か関東もあんまり北の方じゃなくて本当にこの辺の東京、千葉、埼玉、神奈川か北海道かなって思っていたので、これ以上は言わないほうがいいと思いますが・・・

大丈夫です!東京で働いています。北海道ではなくてよかったですね。

福ちゃん

北海道は、北海道で楽しかったかもしれませんね。

ちょうどそれでお会いさせていただいたのが、多分去年の1月ですね。
ちょうど1年前ぐらいだったかと思いますね。

福ちゃん

はい!

私、今まで生きてきた中で食べたことないようなお肉をご馳走していただいて、ものすごくあの印象に残っていて、お礼を言わないといけない。
はじめましての焼肉、美味しい焼肉をご馳走になって今回2回目っていうのもやっぱり、あのこの1年の間、宮﨑さんにこうやってお声かけをしていただいて、これまでの間ってあの会長のススムさんだったり、その他の紡ぐ会のメンバーとは、フォーラムに参加させていただいたりと、また別でちょっとお会いさせていただいたりとか、コラムでご協力をさせていただいたりとか、後は研修にお招きいただいたっていうところで、私もすごいお世話になってて、宮﨑さん以外の方とはお会いしてたんですけど、やっぱり宮﨑さんが闘病されているという事だったので今回が2回目という形になったんだけれど。

福ちゃん

1月にお会いして、その後2か月後の3月に癌が見つかって、その時に大腸の直腸と肝臓とリンパと肺に転移していて、ステージ4のもうさらに末期という状態で見つかったので、今回どうしても福ちゃんにお会いしたかったのは、「シニスン」なんですよ!

シニスン!また、なんか面白い表現されていますね!

福ちゃん

昨日もちょうど医師に言われたんですけれど、あと1ヶ月と・・・。

医師の余命宣告

3週間前のシグナルみたいなのがあるのですが、まだこれは出ていないけど、ここ2週間ぐらいの状況を見ると来週ぐらいにはこのシグナルが出てくるだろうから、今週1週間と残りの3週間で1ヶ月ぐらいだろうと。そのうち最後の1週間は意識が混濁しているから、あと3週間ぐらいが自分として意識を保てる状態っていうのもあって、福ちゃんにどうしても来てほしいとお願いしたら今回来てくださって・・・

いやいや。YouTubeにゲストで出ていただきたいっていうのは、私もお願いした立場なので、ものすごく今回楽しみにしてきました。
1月に初めてお会いした時に、やっぱり色々、福祉の話だったり、それぞれの育ってきた生い立ちまではいかないですけど環境だったり、そのケアマネさんとか介護職が今いる境遇だったり、やっぱり私の中でも悔しさがあって、YouTubeを発信したっていう私の中での多分思いが、宮﨑さんがキャッチしてくれた1つの大きなところなんじゃないかなと思ってて、私1月すごいお肉食べながら、すごい楽しい、こんな話ができるんだなってところで、もっといっぱい話したかったなっていうのは私の本音。

福ちゃん

本当ですか?

そこでこういう風に期間が開いてしまったけれど、今回話すのを本当に楽しみにして来てて、私がちょっと聞きたいことをいくつか宮﨑さんに聞いていきたいなと思っているのですが、大丈夫ですか?

福ちゃん

もちろんです!今回はね本当に何でもOKです!
死ぬって一体どういう気持ち?などもOKです!
私も今までケアマネとして、支援をしてきた、そして利用者側になったわけじゃないですか。そしたらどういう気持ちなのか。からディープな個人の事からこれからの介護保険の事から、この国の事から、何でも聞いてください!

ありがとうございます!

福ちゃん

俺今シニスンなんだけれど、今一生懸命勉強しているのは、新NISAを勉強しています。
これから死ぬのに投資の事を勉強しています。だから、死ぬ直前まで前を向いていたいんです。

聞きました?
私今、宮﨑さんに1番聞きたかった部分の1つが今、宮﨑さんどういう思いなのかなっていうところなんですよね。

福ちゃん

余命宣告を受けてからの想い

私も今、47歳でで子供も2人いて、宮﨑さんもこうやってケアマネをやられてきて、ものすごい大活躍して、いろんな人にこう影響与えてきた中で、なんか悔しい思いがあるのかななど
それは、私の想像なんですけれど。
今どういう思いでいるのかっていうところが今回一番聞きたかったところなので、まず最初にそこを聞いても良いですか?

福ちゃん

まず、どういう思いでっていうところで言ったら、3月に末期でもう治らないです。治療をしなければ、余命半年ですって言われた時に即受入れました。

言われた時に即?

福ちゃん

うん!あの言われた時に不思議だと思うんですけど死を受け入れて、その時に思ったのは、そりゃあそうだろうなと思ったの。

運命的なみたいですか?そりゃそうだろうなと・・・。

福ちゃん

奴隷より働いていたので!これだけ体酷使して、これだけ頭使っていれば、体が悲鳴を上げて病気になる。そりゃあそうだろうなってところから受容から始まったんです。
そこから何をしようかっていうのは、医者は半年どうやって癌と闘うかていうところを自分で組み立てた。癌って抗がん剤で治るって思っている方もいると思うけど、抗がん剤では治らない。
基本的には癌治療って、例えば転移とかしていましたと、抗がん剤で小さくした後、全部取り切ればオペをして、目に見えない癌を抗がん剤で叩いて完治という感じなんですけれど、私の場合、肺にもいっぱいあって肝臓もでっかいのがあるのでもうオペができない。
だから、私の状態はオペができないってことは抗がん剤治療は完治なくて延命でしかないという状況だったので、やっぱりこの仕事をしているとそういう説明受けると理解も早いじゃないですか?
先生それはどうにかならないのかとかならない。受け入れて、でもそこから私は実は、抗ったんです。何をして抗ったかと言ったら民間治療とかやってみようと思って投与的な。抗がん剤なども受けるけど、民間治療も受けて抗うだけ抗う。戦うことはして、そこで心のバランスは、取ってたと思うんです。
ただ、心はどうなのという質問に対しては、死を受け入れたけど、抗うことは一生懸命して。
実は、まだ諦めてないのです!
なんで諦めていないかというと、ご飯もほとんど食べれなくなり、お見せ出来ないですが、足なんかもこんなに細いの。でね、もしかしたら、低栄養なったら癌が消えちゃうんじゃないかなって最後の最後まで妄想はしているので、死への恐怖はそんなにないのと後悔が無いんです。
やることはやった。1秒も過去に戻りたくない。
おそらくこの癌は、年齢とか考えると今から約2年弱前にできたんじゃないか。ここでもし、見つけていれば、あの癌治療で死ぬことはないじゃないですか?
普通の人は戻りたいって思うかもしれないですが、私は、戻りたいって思わなかったんです。
なんで、戻りたくないと思ったのかというと、またあの奴隷のような日々をもう1回やって、さらにその間も介護職の人に立候補してもらって選挙出てもらって当選をさせたり、私たちが作った「産業ケアマネ」って民間資格があるのですが、作った時は大変でした!

大変でしょ!創設者ですからね。

福ちゃん

本当に嫌な思いしかしなかった。ぶっちゃけ。
もし、過去に戻ったらせっかく当選したあの子は当然しないんじゃないかとか、あの過去が変わっちゃって、産業ケアマネも大変だし、介護屋みらいという事業所を運営しているので、またそれはそれで、その介護屋みらいは介護屋みらいでいっぱい大変なことがあって、もう1回そのイライラをこうで家に帰ってきてママにこう当てたらママに100倍で返ってくる。
もう1回って思うでしょ!できないでしょ!どうせ妄想するのだったら、過去に戻ってどうにかしたい妄想じゃなくて、明日治るかもしれないって妄想をし続けようって思ったので過去にも戻りたくないっていう事は、私はやり切ったんだなって思うので、だって高卒のろくでもない奴が、こうやって1つの会を作ったり、民間資格を作ったり、あと政治家までやらしてもらったり、できる能力は全て自分の中で発揮したわけですから後悔はなかった!
これは、大きな、大きなあれです。死を受け入れるっていう事に対して心配なこといっぱいありますよ。本当に、本当にあの焼肉食べた時に、福ちゃんが将来どうしたいって福ちゃんが夢を語ってくれたあの福ちゃんの夢が本当に叶うかなとかね。

ありがとうございます。私の心配まで!

福ちゃん

福ちゃんが本当にご飯食べているのかなど本当に心配なの!心配で、心配でしょうがない。みんな1人、1人が心配で心配でしょうがない息子のことも心配だし、ママの事も心配だし、会社の事も心配だし、心配なことはいっぱいあるけど、それはそれで、生きている人たちが、自分の力で、生きててほしいなって。自分が生きていようがいまいがみんな距離は関係なく、生きててくれると思うから、そこはもう心配はしてもしょうがない。
でも、みんなが心配した人たちは幸せになってくれるだろうなと妄想をしています。
長くなりました。
でも、生きるって死ぬってどういう気持ちって言われるとやっぱり、このぐらい尺使って…

もう尺の事、一切気にしないのであと4時間ぐらい撮ります!

福ちゃん

私、5時間ぐらい喋ります!

こいつが、こいつが負けます!カメラが…
ありがとうございます!

福ちゃん

もう、足ビリビリで、全く動けないです。でもまだ、話はできるんです。ここ2,3週間は、頭がクリアなので、まだいけます。

やっぱり、なんか必死でこう生きていきたいなって今、ちょうど思いましたよ!
やっぱり、私たち介護の仕事をしてて、私は地域包括支援センターで、すごい良い仲間に囲まれてて、めちゃくちゃ助けてもらっているんだけど、やっぱり全体的の介護職の人とかケアマネさん見ていると、やっぱり厳しい状況の中でなんか文句しか出てこなかったりとかやっぱりそういう風にやっぱ人間なっちゃうんだけど、自分やり切ったなみたいなことやっていきたいなって、話を聞いてて自分に甘ったれんなよという想いにもなりましたし、後悔がないっていうところにすごいなと思いました。
宮﨑さんが言うから、こっちが勇気づけられましたね!
この間の制度改正のお話。紡ぐ会さんのFacebookライブで私も見させていただいたけど、やっぱり、宮﨑さん他の方に負けてないんですよね!その制度改正の動きとかもキャッチしているから、戦ってんなっていうのはあれで伝わってきた!

福ちゃん

マジですか!

めっちゃ現役、私は現役じゃないとか言ってたけど、全然負けていなかった。かっこいいなって思った。それは、本当に素直な感情でしたね!

福ちゃん

法改正の頃には、いないけれど…

4月ですもんね。

福ちゃん

昨日、往診の先生にそんな映画みたいなこと言うって言った台詞があってね。
「宮﨑さん、桜は見えませんね。」って映画みたいな台詞言う?って思って、私は桜が見れないから、法改正は、実感はできないけれど、でも、やっぱりこんな状況でも法改正の事は学べる範囲で学びたかったですね。

私、まだ聞きたいこといっぱいあるんですよ!大丈夫ですか?

福ちゃん

次回へつづく...。

まとめ

今回は余命宣告を受けた46歳の私が尊敬する福祉マンの対談をお届けしました。
その他の動画や対談に出てくるケアマネージャーを紡ぐ会についてもホームページのURLを貼っておきますので、チェックいただけたら嬉しいです。
ケアマネージャーを紡ぐ会

 

\ 福祉の福ちゃんが講師を務める「介護・福祉セミナー」を開催しています /

監修

福井寛之(ふくい ひろゆき)

社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネージャー)
You Tuber 福祉の福ちゃん
経歴:特別養護老人ホーム、デイサービスで7年の介護経験。
在宅介護支援センター、地域包括支援センターで14年経験、センター長として勤務。
小学校、中学校の授業を通して認知症講座を開催。
在宅福祉の相談に数多く関わってきた経験から、また、認知症の祖父母を在宅で介護、看取りを行った経験から様々な講演を開催。

関連記事

LINE

老人ホームの選び方ガイドブック無料ダウンロード

TOP

24時間365日 通話料無料でご相談

0120-469-448
コロン